2022年08月29日

『どんな風に、声かけようかな?』

山道を散歩中…突然、寝そべる我が子。
子育てをしていると、今なんでそんなことしたの?って思うこと…結構ないでしょうか?

急にやってみたくなったんでしょうね。
きっと冷たくて気持ちが良いんだろう。

親としては、邪魔になるよとか、汚れるよとか注意した方が良いのかもしれないけれど…。

楽しそうな様子に…
もうしばらく人が来ませんようにとついつい願ってしまいます。

DFE88A2B-C3C1-4330-97AD-03341BE4E0A3.jpeg

#子育て

posted by こもれび at 08:33| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

『保育士試験を独学で、短期間に合格するためのヒント!』

私事ですが、2022年度の前期保育士試験に独学でチャレンジし、なんとか無事に合格できました。勉強期間は3ヶ月で、1日2〜3時間ぐらいを学習の時間にあてていました。
(試験直前の3日間は隙間学習も含めたら4〜5時間ぐらい)

これから独学で保育士試験にチャレンジしたいと考えておられる方の何かの参考になればということで・・・今回のブログは、私が実際に行った勉強法について少し書いてみたいと思います
MORE READ
posted by こもれび at 02:08| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月22日

『子育て四訓』

ヨガクラスに参加されていたママが、神社にお参りに行った際に目にしたという『子育て四訓』


1.乳児はしっかり、肌を離すな
2.幼児は肌を離せ、手を離すな
3.少年は手を離せ、目を離すな
4.青年は目を離せ、心を離すな


山口県の教育者の方が提唱したと言われています。

また、アメリカインディアンの教えという説もあるそうです。


これを読むと子どもとの距離感について、考えさせられますね。


うちは二人とも小学生です。ある程度のことは自分でできるようになり、行動範囲も広がり、親の目の届かないところで、自分たちなりの世界を築いています。


しかしまだまだ経験値が浅く、躓いたり、間違った方向に進んでしまうことも


基本は信じて任せるけれど、何かあったときにはすぐに手を差し伸べることができるように『目を離さない(変化を見逃さない)』ということが大切なんだなと感じました。



F6C0B964-4999-439A-8A7F-8DB5AAA966A1.jpeg
posted by こもれび at 20:24| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月17日

『家庭性教育のすゝめ』

数年前のブログでも掲載していたのですが、子どもたちの心と体を守るためには、「家庭での性教育」がとても大切だと感じています。

34歳ぐらい。その子の成長に合わせて、まずはプライベートゾーンのお話からはじめてみてはどうでしょうか?


うちは、下の子が9歳の誕生日を迎えたということもあり、より深い内容(生殖の仕組みや射精、生理など)について絵本などを用いて伝え、それに関連する心や体の変化について色々と話をしました。


注意したのは、否定的な言葉を使用しないということ。

体に興味を持つことは自然なことであり、科学的に正しい性の知識を身につけることは、自分自身を守るためにも大切なことだと伝えることです。


恥ずかしいことやダメなことではなく、もっとポジティブに、もっとオープンに、家庭の中で性の話をすることができれば、子どもたちはもっと安心して思春期を迎えることができるのではないかと考えています。



今は子どもが自分で読めるマンガ式のものや親が性教育について理解を深めるための本まで、色々な書籍があります。


家庭での性教育など必要ないと考えられるご家庭もあると思いますが、もしご興味があれば、一度手に取ってながめてみてもらえたらと思います。



1A35AF6F-CF49-4416-832D-07AF990E16CD.jpeg
posted by こもれび at 21:40| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

『限りある人生の一日』

亡くなられた方やご先祖様がこの世に戻ってくると言い伝えられているお盆。

子どもたちと自然の中で過ごしていると父との思い出が色々と浮かんできます。


その中でも亡くなる直前に聞いた「人ってこうやって死んでいくんだなぁ。」という言葉は、とても強く記憶に残っていてます。


誰しもがいつかは亡くなってしまう存在なのだけれど、それを日頃意識することって、とっても少ない。


そして今日もまた、その限りある人生の1日なんだなと思います。



4215281F-42F5-47B2-AF14-AF1108899841.jpeg
posted by こもれび at 09:40| 心身の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月12日

〜ヨーガの学びより〜

人は自分の価値観や潜在印象により、

世界や他者を自分が見たいように見、

感じたいように感じているそうです。


同じ景色を見ていても湧き上がる思いが違うように、

誰かに自分を完全に理解してもらうことはできないし、

他人を完全に理解することもできない。 


だからこそ、相手を感じ、気持ちを想像し、寄り添っていく事が大切なのかもしれないなと思います。


写真に載せた言葉にもあるように、色眼鏡を外せば、世界や人生は、もっとシンプルで美しいものかもしれませんね。



BEEF697C-22B0-4920-95AA-55C4FB0EEAE1.jpeg
posted by こもれび at 09:22| 心身の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月09日

『諦める』

昨日のクラスでは、『諦める』という言葉について、みんなで話をしました。

日本では『諦める』という言葉は、マイナスのイメージで使われることが多いですが…

漢字の意味で考えると「いろいろ観察をまとめて、真相を明らかにする。まこと。」という意味があります。

また、漢語の「諦」は、梵語のsatya(サティア)への訳語であって、真理、道理を意味するそうです。

「希望や見込みがないと思い切る。やめる。断念する。」などとマイナスの考えのみに心が傾いてしまうよりも本来の意味が表すように、今の現実を見極めて受け入れる(諦める)ことで、心が整理されて、自分の内側に新たに見えてくるものがあるのかもしれないなと思います。


585DF50C-AACB-498F-8D6B-9DF2C592522C.jpeg
posted by こもれび at 17:56| 心身の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする