2015年12月13日

12月10日 こもれびのへや

ランチメニュー
✨さつまいもご飯
✨たたきごぼう
✨小松菜の煮浸し
✨いためなます
✨白菜の豆乳スープ

〈たたきごぼうの作り方〉
ごぼうを水にさらしてあく抜きします。
水からやわらかくなるまでゆでます。
麺棒などでたたいて食べやすい大きさに切ります。
ごま、みりん、しょうゆで和えます。

〈いためなますの作り方〉
好きな野菜を食べやすい大きさに切ります。
(今回は、れんこん、人参、大根、しいたけを使用。ごぼうなどもおいしいです)
野菜をいためて、しんなりしてきたら、酢、砂糖、塩、水少量を混ぜたものを回しかけ、全体にいため合わせます。
冷ましていくと味がなじんでくるし、お酢のツンとした感じがまろやかになり食べやすくなります。

〈白菜の豆乳スープの作り方〉
白菜、玉ねぎ、人参、コーンなどを小さめに切って鍋に入れます。
少な目の水で柔らかくなるまで煮ていきます。
柔らかくなったら昆布茶で味つけ。
豆乳を加えながら沸騰させすぎないようにして混ぜていきます。
最後に塩、こしょうで味をととのえます。
沸騰させず、ゆっくり混ぜていくとシチューのようにとろみのあるスープになりますよ。

283C6E1F-3841-4B33-B9BD-FE2E5E67E85A.jpg

本日は予約制楽健法の日でした。
最近ではリピーターの方も増えて、有り難い事に予約はいっぱいでした〜(^○^)

身体の不調は色々な原因で起こりますが、子どもの月齢が小さいうちは、なかなか自分で不調を取り除くことが難しいですよね。
でもまずは溜め込まないこと!
アーサナやバランスの良い食事、時には楽健など…身体に心地よい施しを受けることも効果的です。
あとはできるだけ心を軽く、明るくすること!
悩みや不安は身体の流れを滞らせる一番の原因です。難しいですが、始まっていないことやすでに終わったことへの不要な感情はできるだけ棚上げして、今を楽しめるようにできると良いですね。 
一人で無理な時には、ぜひ広場に遊びに来てください!
環境を変えるだけでも心がすーっと落ち着くことがありますよ〜(o^^o)
208BDFC1-2F12-483B-9C69-358417920208.jpg


さてトークセッションでは『あなたにとって命とは何ですか?』を皆で考えてみました。

●参加者の方からはあらためて聞かれると難しい

●今すぐには考えつかない

という声が聞かれ、皆さん困惑した様子。

でもこのテーマには決して正しい答えはありません。
子どもには命の大切さや意味を考えて欲しい…自分や人の命を大切にして欲しい…そう考えるなら、まずは自分自身がその意味を立ち止まって考えてみること。生活の中で示していくことが大切なのかなと思います。
世の中には知識や言葉の押し付けだけでは腑に落ちないことや伝わらないことがたくさんありますよね。
時には子供と一緒に色々なことを考え直してみるのも面白いのではないでしょうか?


次回はミニ楽健&ミニアーサナの予定です。

皆さんのお越しをお待ちしております。


posted by こもれび at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

お知らせ


1月21日(木曜日)のこもれびのへやは、スタッフと一緒にランチを作って、一緒に食べる会にしようと企画しております!!
題して『みんなで作ろう中華おこわ!』の会です(^○^)
もちろん、子連れok!
子どもさんの機嫌を見ながら、できる範囲で参加していただけたらokです!
この機会にぜひ、シンプルだけど味わい深い“いるかさん家のご飯作り”を体験してみてください(o^^o)

●場所、集合時間→助産院に10時に集合
●申し込み→メールにて前日までに
●持ち物→エプロンやお手拭きなど
●費用→入室料+ランチ代で800円


※当日は調理参加が基本になります。ランチだけのご予約は受け付けておりませんので、ご了承ください。

皆さんのご参加をこころよりお待ちしております。


posted by こもれび at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

12月3日 こもれびのへや

ランチメニュー
🍄きのこタップリにゅうめん
     ブナシメジ、エリンギ、ブラウンえのき、自家製切り干し大根を水から入れて旨味タップリのお出汁に塩と薄口で味付け、点盛りに薄あげと刻ネギです。

✨山芋と米粉でキャベツ焼き
     山芋をおろし刻んだキャベツ、天かす、あみえび、刻み紅姜、混ぜながら米粉を入れて繋いで、具材の塩加減を考えて塩分は調節します。焼けたらお好みでソース、青のり等

✨菊芋と人参のきんぴら
     各々を拍子木りして胡麻油で炒め蜂蜜と濃口醤油で仕上げました。

✨蕪 隼人うり 柿の酢の物
     各々薄切りにて軽く塩してしぼり三杯酢で合えますが、柿が入りますから甘みを加減してください。  
2310E90F-F891-4CEA-BFAF-E0C67956A1F4.jpg
713614CB-B12B-44BB-8E84-234FC7DFEA5C.jpg
  
午後からはわらべ歌ベビーマッサージでした〜!
参加された赤ちゃんは発達著しい2〜5ヶ月子どもたち…マッサージの心地よい刺激にうっとりする表情がとても可愛らしかったです(o^^o)
C595C78E-D632-4999-BFF6-F328D0056671.jpg
この時期には、寝返りからずりばい、ハイハイへとその後の基礎となる重要な発達が見られます。日頃からベビーマッサージを行い、心地よく脳を刺激することで筋肉群がバランスよく調います。
ぜひ、家でも実践して、うつ伏せで過ごせる時間も作ってあげるようにしましょう!


その後は助産師相談会&ティータイムでした〜(^○^)
今回は抱っこ紐の選び方や使い方について、色々なアドバイスがいただけましたよ!
抱っこ紐はたくさん種類があって、どれを選べば良いか…皆さん迷われるようです。   

〈選ぶときや使う時のポイント〉
1.人が良いというものが自分にも合うとは限りません。購入する前には持っている人に借りたり、店頭で試してみる…抱っこ紐の講習会などに参加してみて、使いこなせるかどうかを検討してみるのも良いですね。

2.首が座るまでは装着時の身体の歪みや股関節脱臼に気をつけましょう!
身体が小さく、首も座っていないため、ママと赤ちゃんの身体の間に隙間ができやすくなります。
背中が反りがちになりますので、インファントやタオルを使用し、ベルトを調節してママと赤ちゃんが密着して安定するようにしましょう。    また、股関節脱臼を予防できるように小さいうちは脚はあぐらの姿勢を意識してくださいね。

3.長時間の抱っこ紐の使用は避けましょう。
長時間の抱っこ紐の使用はママの身体にも赤ちゃんにも負担が大きいものです。
1時間ぐらいを目安に休憩を入れてもらい、赤ちゃんがのびのびと身体を動かせるようにしてあげましょう!
今回は参加者の抱っこ紐(スリング)をお借りして、スリングの正しい使い方をみんなで体験することもできましたよ〜〜(^○^)
抱っこ紐の購入を考えていた方もいて、皆さん、有意義な時間が過ごせたようです。


次回は予約制楽健法です。またぜひ、遊びにきてくださいね。
posted by こもれび at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

12月のランチメニュー&催し物

だんだん寒さも厳しくなってきましたが、寒さに負けず、12月もこもれびのへやへ、ほっこり温まりに来てください


1週目    にゅうめん、キャベツ焼き、きく芋のキンピラ

わらべ歌マッサージ


2週目    ごぼうの丼、青菜の煮びたし、酢の物、汁物

子育て講座


3週目    ふろふき大根、きんぴらゴボウ、お浸し、具沢山味噌汁

トークセッション


4周目    クリスマスメニュー  お楽しみ🎄

助産師相談会


posted by こもれび at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

11月26日 こもれびのへや

ランチメニュー
✨野菜いっぱいパスタ
✨かぼちゃのポタージュ
✨レタスのサラダ
✨クルミパン
27BAE761-0F19-43B3-95CC-CF00FCE6E679.jpg
〈野菜いっぱいパスタの作り方〉
お好みの野菜(今回は、パプリカ、かぶの葉、エリンギ、タマネギ、ブロッコリー)を食べやすい大きさに切る。
フライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、切った野菜をさっと炒めて、湯がいたパスタと茹で汁を入れて塩と、醤油少々で味を調える。
柚子胡椒を入れると大人の味で更に美味しいですよ。

〈かぼちゃのポタージュの作り方〉
かぼちゃと玉ねぎを小さく切り、鍋でひたひたの水から茹でる。
柔らかくなったら、フードプロセッサーでペースト状にし、再び鍋に戻して塩で味を調え、水、牛乳と豆乳を同量加えお好みのスープの状態にする。

62FA355F-8A73-4D91-8CC0-166E79CF88BB.jpg

午後からは助産師相談会でした。 
内容を少し紹介します。

『赤ちゃんの指しゃぶりについて』
2〜4ヶ月からはじまる赤ちゃんの指しゃぶりはとても本能的なもので、成長の一過程と言えます。目と手の協調運動の学習と共に色々なものをしゃぶって形や味、性状などを学習するためと考えられており、手や口を刺激することで脳が発達していきます。
そのため、3歳頃ぐらいまでは無理にやめさせず、大らかに見守りましょう。
しかし、4〜5歳を過ぎても指しゃぶりが持続する場合には背景に心理的な問題や生活環境が影響している場合があります。また歯並びや噛み合わせなど口腔機能の発達の面からも習慣化するようなら注意してあげましょう。

『幼児期のけんかについて』
現代の親は少しこどものけんかに神経質なところがあるように思います。“仲良くしなさい、けんかはだめよ“とすぐに仲裁に入る姿をよく見かけます。しかし、子どもは遊びの中でけんかを繰り返しながら相手の気持ちを考えたり、仲良く遊ぶ方法を発見したりして、社会性を身につけていきます。そのため、危険のない限りはできるだけ親は干渉しない方が良いのです。また介入する時にはただけんかをやめさせるのではなく、他人の気持ちや自分の主張が推測できるような声かけを具体的な形でしてあげれると良いですね。

59E1600D-F3F2-471E-A2F0-E8164493DEAE.jpg
今回も具体的なアドバイスがあり、参加してくださったママたちも子育てのヒントをたくさんもらえたのではないでしょうか。
来週はわらべ歌ベビーマッサージ&助産師相談会です。
またぜひ遊びに来てくださいね。



posted by こもれび at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索