2016年01月19日

1月14日 こもれびのへや

ランチメニュー
✨車麩と茸の丼
@玉ねぎを粗めにスライスして水1/4cupを温めた鍋でウォーターソテーにする。
A戻した干ししいたけを薄切りにし、エリンギも食べやすく切り@に加え出汁で煮る。玉ねぎの甘みが出たら醤油を加える。
B車麩は素揚げして、Aに入れて味を含ませる。
C器に盛る。

✨ベジスープ
@鍋にみじん切りにしたキャベツ→かぼちゃ→玉ねぎ→にんじんの順番に重ねて入れていき、水をひたひたくらいまでそっと入れ中火にかける。
沸騰したら弱火で20分くらい加熱する。
Aザルで野菜をこし煮汁をしぼる。
Bそのままスープをいただく。

✨野菜のお焼き
ベジスープの搾った後の野菜に小麦粉を入れて混ぜ、一口大の大きさにまるめてフライパンで焼く。(味噌を入れても美味しいです。)

✨ひじきのサラダ
@ひじきをさっと洗いザルに上げておく。
Aごま油、酢、醤油を混ぜ合わせマリネ液を作る。(今回は梅肉も混ぜました)
B@を熱湯で2〜3分ゆでザルに上げて湯を切る。Aに漬け込む。
Cお好きな野菜を切り、Bをのせていただく。(写真はセロリ、にんじん、パプリカ)

✨春菊の胡麻和え
12BE2D40-B579-4043-BDB0-55BA7CCBFF8E.jpg
C08D4D83-BD2D-44D1-9921-93B5C1514706.jpg

午後からはミニ楽健&ミニトークセッションでした。
今回は6組の親子が参加してくださいましたよ〜!
BFC9F08C-3FBC-4CC2-A407-778ACAA42751.jpg
楽健法をうけるとそれまで気付かなかった身体の凝りや緊張、疲労などが表に現れてきます。
そのため、それらの不調が改善されるだけでなく、自分の身体の弱い部分や現在の体調をあらためて知る良いきっかけにもなります。

今まで楽健をうけた方々の感想を聞くと…

◯こんなに身体が硬く、流れが悪くなっているなんて思いませんでした。

◯身体の左右でも痛みの出方が違うんですね。
心が疲れていると身体も疲れるんですね。

◯楽健をうけてすぐは、身体から毒素が出た後のようにだるいけれど、次の日にはすごく軽くなっていて効果を感じます。

などなど。
皆さん、身体が楽になるだけでなく、自然と自分の身体にも意識が向くようですね。
できれば、この感覚を掘り下げ、不調の原因を明らかにし、少しでも日頃の生活スタイルを見直すことができると良いのではないかと思います。


ミニトークセッションでは、読み聞かせの効果と楽しみ方についてお話ししました。

@読み聞かせはテレビのような一方通行な刺激ではなく、読み手と聞き手の掛け合い、相互作用があります。子どもの好きな絵本はもちろんですが、時には親が好きな雑誌や本を嚙み砕いて読んであげても良いでしょう!
つまりは、ともに楽しむ姿勢が大切なのです。
そうすることで『集中力や人の話を聞く』力が身につくと言われています。

A絵本はそのまま読むだけでなく、見立て遊びをしたり、クッキングやなぞなぞなどの題材に使用したりと同じ本でも幅広く色々な読み方ができます。そうやって親子で絵本を楽しむうちに自然と子どもには『自分で想像し、考え、行動する』力が芽生えると言われています。

Bまた幼い時期には膝の上に乗せて一緒に絵本を読みましょう。
ママやパパのお膝で、安心を感じながら絵本を読んでもらうと子どもの身体の中にオキシトシンやセロトニンといったラブラブ、リラックスホルモンがたくさん出ます。乳幼児期にこのホルモンがたくさん出るような経験を重ねると将来きれにくい大人になると言われています。


今回の広場もゆったり、充実した時間になりましたね。
次回はいよいよ、ランチを作って食べる会です。

またぜひ、遊びに来てくださいね


posted by こもれび at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

〜重要なお知らせ〜 『ありがとうの会』を開催します!

いるかこもれび助産院は2016年5月より場所を変更して、新たなスタートをきることになりました。
つきましては今まで応援してくださった皆さまに向けて、感謝の会を開催したいと考えています。

いるかこもれび助産院
『ありがとうの会』
○日時2016年2月28日(日)11時〜15時
(予約制)
※ 当日は11時40分までにはお越しください。

○費用           無料

○内容
11時〜開場
11時45分開演
12時〜13時お食事タイム&歓談
13時〜15時ワイワイお楽しみタイム
15時閉会

○ご予約         webメール(info@irukomo.com)にて2月25日(木)までに「お母様のお名前」「お子様のお名前」「年齢」「参加人数」「連絡先」を明記の上、ご予約ください。

posted by こもれび at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月7日 こもれびのへや

新年1回目はお腹休めの七草粥です。

七草粥   
家庭にある野菜を使いました。
今回は、大根 人参 白菜 こいも ほうれん草 水菜 ねぎ お餅を入れました。お餅の歯応えが楽しいお粥に。

温野菜サラダ
馬鈴薯 人参 かぼちゃ ブロッコリー各々コロコロに切って蒸し器で蒸かしました。塩こしょう オリーブ油を回しかけてサッと混ぜて出来上がり。

栗きんとん
皮を剥いて水に着けて悪抜きしたさつま芋をヒタヒタの水で柔らかく煮て子吹きのように水分飛ばし、栗の甘露煮の汁を混ぜて弱火で練り味が馴染んだら、栗を入れます。さつま芋本来の甘味で甘すぎない栗きんとんになります。

ユリ根梅肉和え
ユリ根は一片ずつ剥がして少し固めに茹でます、梅干しの種を取り叩きます、梅の塩分を考えて味醂を足して混ぜ茹でたユリ根を合えます。

大根の白味噌仕立て
この時期美味しい大根と臼あげをコトコト炊いて白味噌仕立てにしています、青ネギを載せていただきました。

A8E00CF4-18D1-4307-9C00-67570FA1BD05.jpg
甘すぎない栗きんとん お腹に優しい梅和え 柔らかく蒸した温野菜サラダで、疲れた胃腸に優しい献立に致しました。

5286CFE5-ABFA-435E-8AB7-91C12388FFD3.jpg
今年も無い知恵絞りだして皆さんに楽しんで頂けるように努めて参ります〜宜しくお願いします🙇

0A0794BB-17D8-4F62-92F1-08D86A72FEEC.jpg

午後からはわらべ歌ベビーマッサージ&助産師相談会でした。
今回は6歳の可愛い女の子も参加してくれて、ママの代わりに弟くんをマッサージしてくれましたよ〜(^○^)
2235BF33-1E20-449C-8B92-CFEE5AD2F450.jpg
わらべ歌の穏やかな調べとリズミカルで優しいタッチは赤ちゃんの気持ちを落ち着かせ、自律神経を整えてくれる効果があるそうです。
さっきまでグズっていた赤ちゃんもピタリと泣き止み、心地良さそうにママに身を委ねている姿がとっても可愛いかったですよ〜〜(o^^o)


相談会では『猫や動物を飼っている時の赤ちゃんへの配慮について』のお話が出ました。

○猫アレルギーの症状には…くしゃみや鼻水、目のかゆみや湿疹などがあります。飼っているからアレルギーになりやすいとは限りませんが、もしこのような症状が酷いようならアレルギーを疑う必要があります。
反対に猫や動物と小さい頃から接しているとアレルギー反応が出にくい、優しい気持ちが育つなどの肯定的な意見もありますので、あまり過敏になり過ぎず、子どもさんの様子をよくみてあげるようにしましょう。

○動物と同居している時の注意点
1.毎日、こまめに掃除する。
ペット用品を清潔に保つだけでなく、こまめに掃除して毛や皮膚片が舞い上がらないようにする。
空気清浄機を利用するのも効果的です。

2.赤ちゃんの寝室にはなるべく入れない。赤ちゃんが幼いうちは生活スペースを分ける。
ペットのトイレには赤ちゃんが近付かないようにする。

3.猫であれば、トリミングや爪切りなどを定期的にし、清潔にしておく。
などなど…。

アレルギーに気をつけることはもちろん重要ですが、まずは赤ちゃんと動物が互いに快適に暮らせるように工夫していくことが大切なんですね。


次回の相談会は第4木曜日なります。
そして来週の広場は予約制楽健法がありますので、ぜひ、また遊びに来てくださいね。(*^_^*)


posted by こもれび at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

1月のランチメニュー&催し物

一週目
七草粥、その他お楽しみ

わらべ歌マッサージ

二週目
車麩の丼ぶり、野菜のお焼き、汁物

トークセッション
楽健法(要予約)

三週目
中華ちまき、蓮根の炒め物、豆もやし和え物、汁物

ランチ作って食べる会
〜いるかさん家のご飯〜(要予約)


四週目
野菜たっぷりあんかけうどん、おかず一品

助産師相談会
posted by こもれび at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

12月24日 こもれびのへや

ランチメニュー
✨カリフラワーのクリームペンネ
✨セロリのパスタ
✨にんじんご飯
✨ポテトサラダ&ベビーリーフ&ブロッコリー
✨オニオンスープ
0DF54857-4B3B-4189-BE00-8944FD921B3F.jpg

〈カリフラワーのクリームペンネの作り方〉
お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩、ペンネを茹で時間通りにゆでます。
途中でカリフラワーを入れ、一緒に茹でます。
フライパンにオリーブ油とにんにくを炒め、茹でたペンネとカリフラワー、コンソメを入れて混ぜ、最後に生クリームを加えて、塩、胡椒で味を調えて出来上がりです。

〈セロリのパスタの作り方〉
パスタを茹でます。
フライパンにオリーブ油とにんにくを炒め、斜めに切ったセロリをサッと炒めて、茹でたパスタ、コンソメ、塩、胡椒で味を調えて出来上がり。
簡単で、セロリのシャキシャキ感がたまりません(*^^*)

9E01E705-0766-4661-B8B2-C1D271CB727C.jpg

午後からは助産師相談会でした。
今回も7組の親子が参加され、賑やかな相談会となりました。
1C8B2A46-FBFF-411C-B897-EAC66414E40E.jpg
内容を少しご紹介します。

@離乳食について
○おかゆはできれば炊いたお米を使わずに、生のお米を使って、一から作るようにしましょう!
出来上がりの香りや味が全く違ってきます。また、出来上がったものは小さなキューブにしていくつも冷凍しておけば保存がききますよ。

昔と違い離乳食の開始時期も遅くなっていますので、ドロドロのおかゆを長い期間あげる必要はありません。

○離乳食には大人の食事を上手に活用することもできます。たとえば、鍋や味噌汁…肉や魚、味噌などを入れる前の野菜やスープを活用できます。
煮魚も落としぶたをせず薄味で作って、身の周りは大人が食べ、内側の味のしみ込んでいない部分を子どもさんに与えることもできます。

○野菜はミキサーにかけてドロドロにしてしまうよりも柔らかく茹でて、軽く潰してあげる方が良いでしょう。大切な栄養素がつぶされません。

○離乳食の進み具合は個人差があり、思うように進まないことはよくあることです。焦らず、その子のペースを見ながら進めていくようにしましょう。


A子どもの発達について
赤ちゃんの頭の形や身体の歪みはお母さんの関わり方でかなり改善すると言われています。
特に生後5ヶ月くらいまでの期間にしっかり気をつけてケアしてあげる事が大切です。

まだ月齢が小さく向きぐせがあるお子さんの場合は、できるだけ反対側から声をかけたり、寝る時もママが向きグセのある方向と反対側に寝るようにしましょう。寝返りが打てない時期にはタオルを首から背中に入れてコロコロと体位を変えてあげることも効果的です。そしてできるだけ日中お母さんが見守る中、うつ伏せで遊ぶ時間を少しずつ増やしていきましょう!

うつ伏せは背筋や腹筋のバランスを整え、その後の発達の基盤を作ってくれます。
2987E0DA-012C-4050-AED2-5BF6D6EA11EF.jpg

今回も色々な質問があり、皆さんとても充実した時間になったようです。


新年最初の広場も相談会があります。ぜひ、また遊びに来てくださいね。スタッフ一同楽しみにしております。
では、良いお年をお迎えください

posted by こもれび at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索