2016年01月14日

〜重要なお知らせ〜 『ありがとうの会』を開催します!

いるかこもれび助産院は2016年5月より場所を変更して、新たなスタートをきることになりました。
つきましては今まで応援してくださった皆さまに向けて、感謝の会を開催したいと考えています。

いるかこもれび助産院
『ありがとうの会』
○日時2016年2月28日(日)11時〜15時
(予約制)
※ 当日は11時40分までにはお越しください。

○費用           無料

○内容
11時〜開場
11時45分開演
12時〜13時お食事タイム&歓談
13時〜15時ワイワイお楽しみタイム
15時閉会

○ご予約         webメール(info@irukomo.com)にて2月25日(木)までに「お母様のお名前」「お子様のお名前」「年齢」「参加人数」「連絡先」を明記の上、ご予約ください。

posted by こもれび at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月7日 こもれびのへや

新年1回目はお腹休めの七草粥です。

七草粥   
家庭にある野菜を使いました。
今回は、大根 人参 白菜 こいも ほうれん草 水菜 ねぎ お餅を入れました。お餅の歯応えが楽しいお粥に。

温野菜サラダ
馬鈴薯 人参 かぼちゃ ブロッコリー各々コロコロに切って蒸し器で蒸かしました。塩こしょう オリーブ油を回しかけてサッと混ぜて出来上がり。

栗きんとん
皮を剥いて水に着けて悪抜きしたさつま芋をヒタヒタの水で柔らかく煮て子吹きのように水分飛ばし、栗の甘露煮の汁を混ぜて弱火で練り味が馴染んだら、栗を入れます。さつま芋本来の甘味で甘すぎない栗きんとんになります。

ユリ根梅肉和え
ユリ根は一片ずつ剥がして少し固めに茹でます、梅干しの種を取り叩きます、梅の塩分を考えて味醂を足して混ぜ茹でたユリ根を合えます。

大根の白味噌仕立て
この時期美味しい大根と臼あげをコトコト炊いて白味噌仕立てにしています、青ネギを載せていただきました。

A8E00CF4-18D1-4307-9C00-67570FA1BD05.jpg
甘すぎない栗きんとん お腹に優しい梅和え 柔らかく蒸した温野菜サラダで、疲れた胃腸に優しい献立に致しました。

5286CFE5-ABFA-435E-8AB7-91C12388FFD3.jpg
今年も無い知恵絞りだして皆さんに楽しんで頂けるように努めて参ります〜宜しくお願いします🙇

0A0794BB-17D8-4F62-92F1-08D86A72FEEC.jpg

午後からはわらべ歌ベビーマッサージ&助産師相談会でした。
今回は6歳の可愛い女の子も参加してくれて、ママの代わりに弟くんをマッサージしてくれましたよ〜(^○^)
2235BF33-1E20-449C-8B92-CFEE5AD2F450.jpg
わらべ歌の穏やかな調べとリズミカルで優しいタッチは赤ちゃんの気持ちを落ち着かせ、自律神経を整えてくれる効果があるそうです。
さっきまでグズっていた赤ちゃんもピタリと泣き止み、心地良さそうにママに身を委ねている姿がとっても可愛いかったですよ〜〜(o^^o)


相談会では『猫や動物を飼っている時の赤ちゃんへの配慮について』のお話が出ました。

○猫アレルギーの症状には…くしゃみや鼻水、目のかゆみや湿疹などがあります。飼っているからアレルギーになりやすいとは限りませんが、もしこのような症状が酷いようならアレルギーを疑う必要があります。
反対に猫や動物と小さい頃から接しているとアレルギー反応が出にくい、優しい気持ちが育つなどの肯定的な意見もありますので、あまり過敏になり過ぎず、子どもさんの様子をよくみてあげるようにしましょう。

○動物と同居している時の注意点
1.毎日、こまめに掃除する。
ペット用品を清潔に保つだけでなく、こまめに掃除して毛や皮膚片が舞い上がらないようにする。
空気清浄機を利用するのも効果的です。

2.赤ちゃんの寝室にはなるべく入れない。赤ちゃんが幼いうちは生活スペースを分ける。
ペットのトイレには赤ちゃんが近付かないようにする。

3.猫であれば、トリミングや爪切りなどを定期的にし、清潔にしておく。
などなど…。

アレルギーに気をつけることはもちろん重要ですが、まずは赤ちゃんと動物が互いに快適に暮らせるように工夫していくことが大切なんですね。


次回の相談会は第4木曜日なります。
そして来週の広場は予約制楽健法がありますので、ぜひ、また遊びに来てくださいね。(*^_^*)


posted by こもれび at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

1月のランチメニュー&催し物

一週目
七草粥、その他お楽しみ

わらべ歌マッサージ

二週目
車麩の丼ぶり、野菜のお焼き、汁物

トークセッション
楽健法(要予約)

三週目
中華ちまき、蓮根の炒め物、豆もやし和え物、汁物

ランチ作って食べる会
〜いるかさん家のご飯〜(要予約)


四週目
野菜たっぷりあんかけうどん、おかず一品

助産師相談会
posted by こもれび at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

12月24日 こもれびのへや

ランチメニュー
✨カリフラワーのクリームペンネ
✨セロリのパスタ
✨にんじんご飯
✨ポテトサラダ&ベビーリーフ&ブロッコリー
✨オニオンスープ
0DF54857-4B3B-4189-BE00-8944FD921B3F.jpg

〈カリフラワーのクリームペンネの作り方〉
お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩、ペンネを茹で時間通りにゆでます。
途中でカリフラワーを入れ、一緒に茹でます。
フライパンにオリーブ油とにんにくを炒め、茹でたペンネとカリフラワー、コンソメを入れて混ぜ、最後に生クリームを加えて、塩、胡椒で味を調えて出来上がりです。

〈セロリのパスタの作り方〉
パスタを茹でます。
フライパンにオリーブ油とにんにくを炒め、斜めに切ったセロリをサッと炒めて、茹でたパスタ、コンソメ、塩、胡椒で味を調えて出来上がり。
簡単で、セロリのシャキシャキ感がたまりません(*^^*)

9E01E705-0766-4661-B8B2-C1D271CB727C.jpg

午後からは助産師相談会でした。
今回も7組の親子が参加され、賑やかな相談会となりました。
1C8B2A46-FBFF-411C-B897-EAC66414E40E.jpg
内容を少しご紹介します。

@離乳食について
○おかゆはできれば炊いたお米を使わずに、生のお米を使って、一から作るようにしましょう!
出来上がりの香りや味が全く違ってきます。また、出来上がったものは小さなキューブにしていくつも冷凍しておけば保存がききますよ。

昔と違い離乳食の開始時期も遅くなっていますので、ドロドロのおかゆを長い期間あげる必要はありません。

○離乳食には大人の食事を上手に活用することもできます。たとえば、鍋や味噌汁…肉や魚、味噌などを入れる前の野菜やスープを活用できます。
煮魚も落としぶたをせず薄味で作って、身の周りは大人が食べ、内側の味のしみ込んでいない部分を子どもさんに与えることもできます。

○野菜はミキサーにかけてドロドロにしてしまうよりも柔らかく茹でて、軽く潰してあげる方が良いでしょう。大切な栄養素がつぶされません。

○離乳食の進み具合は個人差があり、思うように進まないことはよくあることです。焦らず、その子のペースを見ながら進めていくようにしましょう。


A子どもの発達について
赤ちゃんの頭の形や身体の歪みはお母さんの関わり方でかなり改善すると言われています。
特に生後5ヶ月くらいまでの期間にしっかり気をつけてケアしてあげる事が大切です。

まだ月齢が小さく向きぐせがあるお子さんの場合は、できるだけ反対側から声をかけたり、寝る時もママが向きグセのある方向と反対側に寝るようにしましょう。寝返りが打てない時期にはタオルを首から背中に入れてコロコロと体位を変えてあげることも効果的です。そしてできるだけ日中お母さんが見守る中、うつ伏せで遊ぶ時間を少しずつ増やしていきましょう!

うつ伏せは背筋や腹筋のバランスを整え、その後の発達の基盤を作ってくれます。
2987E0DA-012C-4050-AED2-5BF6D6EA11EF.jpg

今回も色々な質問があり、皆さんとても充実した時間になったようです。


新年最初の広場も相談会があります。ぜひ、また遊びに来てくださいね。スタッフ一同楽しみにしております。
では、良いお年をお迎えください

posted by こもれび at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

12月17日 こもれびのへや

ランチメニュー

✨ふろふき大根
きんぴらゴボウ
✨ちぢみほうれん草とキノコのお浸し
✨具沢山味噌汁 
✨韓国海苔
✨ご飯
167F7750-A9D5-4990-9AC6-DEFCDB8582DB.jpg
ふろふき大根は2センチ〜4センチくらいの輪切りにして、真ん中に少し切り目を入れておき、鍋に昆布とひたひたの水と大根を入れ、大根が柔らかくなるまで煮ます。
白味噌を煮汁で少しのばして、大根の上にかけていただきます。
とっても簡単!大根の美味しい季節ですね。野菜そのものの味をお楽しみください。(*^^*)


本日も7組の親子が参加され、賑やかな広場になりました。
42B3597F-CB90-45D2-8052-34FDE8371EEC.jpg午後からのメニューはミニ楽健&ミニヨーガ!
楽健には、産後まだ1ヶ月半という産婦さんも参加してくださいましたよ〜(^○^)

産後1ヶ月半といえば、まだまだホルモンのバランスも整わず、骨盤も緩んでいる状態。赤ちゃんも小さく、授乳やお世話でゆっくり休む暇もありませんよね。やはり下肢がパンパンに張り、流れが悪くなっていたようです。
スタッフがじっくりと足裏でほぐしていくと血行も良くなり、体も心も明るく軽くなるようでした(o^^o)

0DC98779-5C51-4292-9B55-47B4AE37F39B.jpg0FA76AB6-3902-4CC6-90FC-898AFBAAC9D1.jpg

赤ちゃんが小さいと外出しにくいですが、助産院はもう一つのお家のような場所。赤ちゃんが小さくても気兼ねせず、休むつもりで遊びに来てもらえたらと思います。

その後は久しぶりのミニヨーガ!3ポーズほどですが、皆さん熱心に取り組んでおられました⭐️
最近では寒さも増し、身体が縮こまって、ついつい身体を動かすのが億劫になりますよね。
でもこうやって少しの時間を見つけて身体を動かすだけでも、身体はほぐされ、 心の整理整頓にも役立ちます。できれば日々の生活の中に組み入れ、習慣化できると良いですね(o^^o)


また今日のミニトークセッションでは、少し大脳のお話をしました。

大脳には大脳辺縁系という食欲や性欲、好き嫌い、恐怖など本能的な情緒を司る部分があります。この大脳辺縁系は『感じる脳・育てる脳・愛着の脳』とも言われ、出産からおよそ6歳くらいまで親やまわりの人たちと関わりを通して発達していきます。そのため、この時期にしっかりと抱きしめられ、愛情を感じることで安心感が埋め込まれ、基本的な信頼感が育つと言われています。また心に安心が宿ることで、逆境やストレスにも負けない強い精神もはぐくまれていきます。
そう考えると幼い時期の関わりはとても重要なんですね。
子育ては毎日大変ですが、日々のそうした赤ちゃんとの触れ合いが赤ちゃんの脳を育て、将来たくましく生きていくための力になっていきます。
ただ知育や学習をたくさん与えても脳のこの部分は育たないんですね。ぜひともいっぱい触れて、いっぱい愛を伝えてあげてくださいね。


来週は助産師相談会です。24日ということでランチはクリスマスメニューでお待ちしております。
ぜひ、遊びに来てくださいね。
posted by こもれび at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索