2022年08月07日

『私の耳は貝の殻』

暑かったですね。今日も一日お疲れ様です。

写真に載せたのは、ジャン・コクトーの詩『耳』です。


以前海に行った時に、子どもたちが貝殻を耳にあてながら『海の音が聞こえる〜』と言っていたことを思い出します。

どんな音が聞こえたんでしょうか?


詩の解釈とは関係ないですが、降り積もり化石となった貝殻は、古いものなら何千万年もの間、色々な地球の音を聴きながら、過ごしてきたんだろうなと何となく想像してしまいます。

想像力を働かせる、膨らませる。

子どもたちには、そういう経験をたくさんしてもらいたいなと思います。


AD7ACF85-6782-4992-92DE-7F5C080B0905.jpeg
posted by こもれび at 18:31| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする