2016年06月22日

6月17日『第2回いるかさん家のごはん』開催しました。

第二回のメニューは季節の揚げ物と生姜ごはん〜トマトの冷製スープを添えて〜でした✨
内容と作り方の簡単走り書き〜😃
☆高野豆腐の天ぷら・エンドウ豆とコーンのかき揚げ
*高野豆腐は戻して適当な大きさにカット、天婦羅衣をつけて一つは海苔で巻いて、一つは砕いた素麺を絡めてあげます。残った天婦羅衣に、コーン、エンドウ豆を混ぜ込み、かき揚げに。
☆生姜ごはん
*新生姜は千切り、米と共に塩 酒にて味付けし炊きます。
☆キャベツと生姜のお漬け物
*キャベツはザク切りします、新生姜は細めの千切り 塩をまぶしビニール袋に入れて軽く揉み冷蔵庫に。
☆トマトの冷製スープ
*トマトはコロコロに切り分量の水で煮ます、形が壊れない程度で好みの味噌を入れます、暑い日は冷まして冷蔵庫に、天盛りはキュウリのスライスと白ゴマで。

調理から参加されたママは「生姜の刻み方やかき揚げの揚げ方など、調理の基本を丁寧に学べて、嬉しかった。
普段自分が作ったことのないメニューばかりで参考になった。シンプルだけど美味しいので、また家でも作ってみたい。」
など感想をいただきました。
IMG_3571.jpg
生姜香る夏の一皿・・・色どりが美しく、目で見てもおいしそうな一皿に仕上がりました!!
IMG_3574.jpg
ランチタイムにはたくさんの親子が集まり、わいわい和やかな時間となりました。
やはり美味しい料理はみんなを笑顔にしてくれるようですね。
IMG_3572.jpg
ランチ参加者からは「高野豆腐の衣にいろいろなもの(海苔・カレー粉・ゴマ・あられ・そうめん)を使うことで全く違う味わいがあるんですね。驚きました!」
「トマトは生で食べることが多かったですが、冷製スープも新鮮で美味しい!」などの声が聞かれました
今回の食のテーマはシンプル
素材の良さや特徴を生かして、本来の持ち味をこわさない。
そんなシンプルの味付けだからこそ、そこに深い味わいがあるんですね。

午後からは母と子のクラス〜てとてと〜
まずは楽健で、ママたちがお互いに踏み合いっこ・癒しっこをしました〜💕
疲れた体に足の指圧はよく効きます。痛いけど、気持ち良い・・みんな楽健が大好きです。
IMG_3573.jpg
その頃子どもたちは・・3階でスタッフと踊ったり・歌ったり・・ママのまわりでまったりしたり・・可愛く自由に遊びます💓
トークセッションではそんな愛しい子どもたちを「いっぱい抱きしめよう!抱っこって素晴らしい!」というお話をしました。
子どもにとって、親が思う以上に抱っこの時間は大切で嬉しい時間です。安心であり、信頼であり、心の栄養である抱っこ。
いつまで抱っこすれば良いの?・・・子どもの成長や仕事復帰、環境が変化してくると抱っこばかりもしていられない・・そんな風に感じる時もあるでしょう。しかし1日のほんの1回でも良い、ハートとハートを合わせるようにしっかり向き合って抱っこする。子どもが必要とするまで・・・。それはきっと人生の中でそんなに長い年月ではないはずです。
たくさん抱っこされた子どもほど自然に自立し、自分の足で自分の人生を力強く歩んでいくことができる・・・そう信じて、今日も抱っこをいっぱいしましょう!

今回も賑やかであっという間の楽しい時間でした。
またぜひ、いるかさん家のごはんを味わい、ゆっつたりとした時間を過ごしにいらしてくださいね。



posted by こもれび at 07:44| Comment(0) | 新着ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索