2012年04月13日

母として生きる

こどもは一心に母を求め、母を信頼し、母を愛します。

“なぜそれほどに?”と戸惑うほどに、真っすぐに。

そして向き合えば向き合うほどに、そのエネルギーの大きさに驚かされることでしょう。


こどもは誕生の瞬間から、居心地の良い子宮を離れ、全く新しい外の世界へと踏み出していきます。

しかし、母との別離をこどもが感覚的に理解するまでには、少し時間がかかるようです。

そのため特に新生児の頃は、胎内回帰願望(母の子宮のぬくもりの中に戻りたいという感覚)が見られ、
さらに今までとは異なる環境への不安から、強く強く母親を求めるのかもしれません。

生まれたばかりのこどもにとって、まさに母はこの世界で唯一深い絆を感じることのできる存在なのです。


また初めての育児では、そんなこどもの要求に戸惑い、“泣いて、泣いて。どうしていいのか分からない”と・・・

時々、こどもと向き合うことに疲れてしまうことがあるかもしれませんね😞

そんなときは、この辛い状況がずっと続くかのように感じたり、今の辛さから逃げ出したいと現実逃避してしまうこともある
でしょう。

でもこどもは、親が一人では何もできないと考えている間にも、人生で最も早いスピードで多くのことを吸収し、成長していきます。

そして、そのような多感な時期(特に3歳までが一つのターニングポイント)にこそ、

母のぬくもりや温かいまなざし、優しい語りかけがとても大切なのです。


幼いこどもと向き合うことは楽しいことばかりではなく、大変な忍耐とエネルギーのいることです。

しかし良い意味であきらめ、覚悟することができれば、母もまた育児を通して、より賢く強く、
豊かに成長していくことができるのだと思います


育児で疲れた時には、ぜひ思い出してください。

こどもにとっての今、その瞬間はけしてかえってこないのだということ。

そして、母と子の時間の積み重ねが、将来かけがえのない絆に繋がっていくのだということ。

こんなにも無条件に自分を必要とし、愛してくれる存在がそばにいる。

それは、とても幸せなことなのではないかと思います。
posted by こもれび at 01:23| Comment(0) | 以前のクラスより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: