2012年04月13日

子育て広場すくすくより“子育てあれこれ”

子育ては24時間、絶え間なく続く営みです。
特に幼いこどもを持つ母親は、子ども中心の生活に変えていく必要がでてきます。
そうなると、今までのように自由に時間を使うこともできませんし、食べることや寝ること、身だしなみを整えることなど・・・
自分のことは後回しにしなければならないことも多く出てきます。
そんな時、私達は不自由を感じたり、なんだか自分だけ世間に取り残されたような孤独を感じたり、果ては
その原因はこどもだと考えて、子育てに前向きになれない・・なんてこともよくあることのようです。

しかし私達母親は、本当に不自由で、孤独なのでしょうか?

私も慣れない育児に奮闘する中、何度もこの問いかけにぶつかりましたが、時間に限りがあるからこそ、
その時間をできるだけ大切に使っていこうと工夫することができるし、
たとえ何か外へ楽しみを見出したとしても、それは一時の娯楽や息抜きにしかならないのです。

また子育ての時間はけして無駄でも孤独でもなく、
こどもの目線でもう一度、世界を、自分自身を見つめ直すことのできる素晴らしい営みでもあります。
私達母親は、こどもを通じて多くの愛を受け取り、忘れていた新鮮な感覚を取り戻しながら、
さらに豊かに、さらに愛情深く成長していくことができるのだと思います。

もしも、こどもの言動に振り回されて、どうしようもなく苛立ちや怒りの感情が湧きあがる時には
、深く息を吐き、自分のハートに意識を向けてみてください。
私自身もそうですが、苛立ちや怒りの本当の原因は自分自身の中にあることがほとんどなのです。

また最近思うのですが、こどもは親を困らせようとして駄々をこねたり、言うことをきかないのでは
なく、私達親の側がそのような状況を作り出していることも多いのではないでしょうか?
たとえば、環境設定が悪い場合や日頃の約束事や対応の一貫性のなさが原因の場合も。
また、こどもの体調を無視した予定であったり、こどもに時間をあまり割いていない状態が続いていたり・・・。
こどもの側からすれば、それを頭ごなしに叱られても納得がいかないでしょうし、感情のままにこどもと向き合う時ほど、
こどもの本音に近づくことはますます難しくなります。

冷静に、穏やかに、いつもこどもと向き合うことはなかなかできることではありません。
しかし一呼吸置いて、感情のままに対応しないという習慣をつけていくことも大切なのかもしれませんね。

posted by こもれび at 01:19| Comment(0) | 以前のクラスより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索