2012年04月13日

子育て広場すくすくより“子どもの心に耳を澄まして”

子育て中のママにとって、こどもとゆっくり向き合う一対一の時間は
とても大切なものです。
ママが仕事をしていたり、兄弟が多くいる家庭では、
そのような時間を割くことが特に難しいと感じているのではないでしょうか。
また、家でこどもと過ごす時間が長いママであっても意識しなければ、こども主体ではなく、
自分主体の生活スタイルや対応になってしまっていることがあるようです。

多くの母親は、こどもをやっと寝かしつけて、その可愛らしい寝顔を見る時、
今日のこどもへの自分の対応を振り返り、その忍耐や寛容のなさに申し訳ない気持ちに
なることがあるのではないでしょうか?
はずかしながら、私もその一人です。
でも、本当は後悔することや反省することよりも
こどもとの時間の中でそれを意識し、実践することの方がはるかに大切なことです。
そしてそれは、時間の長い短いではなく、いかにこどもの心に寄り添えたか。
つまり、こどもの言動の意味を自分勝手に解釈せず、注目する時間を持つことができたか
ということかも知れません。

なぜ、この子はこの順番でないと嫌がるのか・・なぜ、いつもこのタイミングでぐずり始めるのか・・
今、何を面白いと感じていて・・何をしたいと思っているのか・・どのような性格で、どのような体質なのか?
以外に自分の良いように解釈してしまっていることがたくさんあるようです。
また、こどもの反応は成長に伴い変化していくものなので、母親自身もその変化についていかなければ、
あっという間に見失ってしまいます。
そうした母親の間違った見方がこどもを傷つけ、過剰に反応を起こさせる原因となること
もあるのではないでしょうか。

いくつになっても家族とのコミュニケーションやスキンシップは大切ですが、
特に3歳までのこどもにとって、自分を丸ごと受け入れ、安心を与えてくれる存在や
そのような存在のぬくもりを感じさせてくれる時間は、本当にかけがえのないものです。
こどもたちはそうした家族との深い絆から、他者への愛や信頼・親切を学ぶのだと思います。

保育園にお迎えにいった帰り道・・・肩を並べて湯船につかるほんの一時・・・
眠る前のおしゃべりや読み聞かせの時間に・・・。

こどもの心に耳をすまして・・・それでもうまくいかないこともありますよね。
でも瞬間瞬間を味わい、楽しみ、共に分かち合う努力をしていきたいという姿勢を
持つことから始めればいいのだと思います。
posted by こもれび at 01:16| Comment(0) | 以前のクラスより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


===============
過去の「こもれびのへや」の記事はコチラ

===============
検索