2022年11月19日

「井の中の蛙大海を知らず」

多くの情報があふれる時代。

気がつくとその情報に翻弄されていることがあります。


クラスでも子育てについて話しているときに、情報について語られることがありますが、スマホで簡単に子育ての情報を得やすくなった反面、その情報に振り回されて、目の前の子どものことが見えなくなってしまうこともあるようです。


またsnsでは、自分好みの情報がカスタマイズされ、思考が支配されているような錯覚を覚えることも。(今の子どもたちからすれば、それも古い感覚かもしれませんが…)



だから時々、たくさんの情報を得ているような気がしているだけで、実は自分が見たいものや聞きたいものだけを集めた小さな世界で、私たちは生きているのかもしれないなと思います。

まるで、井の中の蛙のようです。


しかしこのことわざには、続きがあるようです。

『井の中の蛙大海を知らず されど空の青さを知る』


狭い世界にいるからこそ、それを突き詰めていけば、より深く広い世界を知ることに繋がるという意味でしょうか?

やはり何ごとも良し悪しを決めるのは、それに向き合う姿勢なのかなと感じます。


情報化がさらに進んでいく未来。子どもたちと一緒に情報をより良く活用していくすべを学んでいきたいなと思う今日この頃です。

DA2E0B94-EF8F-46FF-B1A0-90E44A417AE7.jpeg
posted by こもれび at 20:53| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月09日

【子どもの世界】

成長に伴い、どんどん世界を広げていく子どもたち。
その全てを親が知ることは、もちろんできないですよね。

この前のクラスでは、そんな子どもの成長について、ママたちと少しお話をしました。
あるお母さんが『成長は嬉しいけれど、親の助けを必要としないことが増え、寂しい気持ちも。見えない子どもの世界にも心配がある』と言われていました。 

確かに、見えない世界で子どもたちがどのような体験をし、どのような思いを心の内に巡らせているのかは、気になるところですね。

では、子どもたちがのびのび自分の世界を広げていくために親ができることって、何でしょうか?

クラスでは…
●子どもを信じて見守ること。
●必要な時に手を伸ばせるように、心を離さないこと。
●心の余裕を持って、子どもたちが話しやすい雰囲気を作ること。
●そして何よりも子どもにとって、家庭が安心できる場所であること。
そういう事を心がけていきたいねという話がでました。

特に私は、最後の『家庭を安心できる場所にすること』が、一番大切なことのように思いました。
安心安全の基地があればこそ、自信を持って、自分の世界を広げていくことができるような気がしています。

どうぞ、明日も元気に『ただいま!』と帰ってきてくれますように。

B87A5724-B0AB-4342-A904-1E00C2E8F691.jpeg
posted by こもれび at 21:52| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月01日

自分を慈しむには

今日は、マタニティヨーガのクラスがありました。

胎内環境を整えるには?という話題になり、『自分自身を信じ、愛し、大切にすることが赤ちゃんが育つ胎内環境を整えることにも繋がるよ』というお話をしました。


では、自分自身を信じたり、慈しむって、どういうことなのでしょう?‘’


みんなで色々話してみました。


今回のクラスでは、それを知るためには体の声や心の声をもっと良く聞く必要があるよねという結論に。 


案外知っているようで、知らない自分自身のこと。


ヨーガを通して、共に探求していくことができたら良いなと思います。


CC01E987-3676-4D05-8114-D68DE01E5DCC.jpeg
posted by こもれび at 15:27| 心身の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする